病院長のごあいさつ・基本理念・基本方針

理事長・院長のごあいさつ

私たちは、「患者さんが自分らしく生きること」を職員一丸となって応援します。「患者さんの抱える病」に対して共にたたかい、「病を持つ患者さん」と共に歩みます。そして、患者さんの家族を支えて、家族と一緒に患者さんを援助します。私たちは、「病を抱えて生活している患者とその家族」への全人的医療と介護の提供に取り組んでいきます。
  医療と介護の根幹を成すものは、「人間としての尊厳を大切にする心」であると考えています。その人の人生に「畏敬の念」をもって関わるように、病院のスタッフ一人ひとりが日常の診療や介護に努めています。
  限られた診療科ではありますが、地域の皆さんが安心してかかれる病院、当院で治療を受けて良かったと思っていただける医療の提供を心がけています。そして、地域包括ケアシステムの推進・充実を目指して、介護の面でも医療と連携して「住み慣れた地域で自分らしい暮らしを安心して最期まで続けることができるよう」に日々の活動に尽力していきます。
  博愛会のモットーである「明るく、親切、ていねいに」のさらなる実践に努め、一人でも多くの地域住民の皆さんから、これまで以上に信頼していただけるように、職員一同力を合わせて、たゆまずに頑張っていきます。

理事長・院長  佐藤隆次 

 

名誉院長のごあいさつ

病院長メッセージ

当院は、大正7年、当時の行政当局から請われ、初代院長山本弘行先生が当地に開業してから、今年で100年(H30)を迎えました。
  設立以来今日まで、当然のことながら病院の組織やスタッフ、建物やその規模、設備などは大きく変わってはおりますが、地域医療に貢献するという精神は開業時より変わることなく受け継がれております。

私立病院である当院にとっては昨今の医師不足は公的要素が強い特定医療法人とはいえ、公的病院以上に大変深刻な問題です。現在、満足とはほど遠い医師の現有勢力ありますが、医師のみならず職員全員が一体となって、よりよい医療の提供を目指し、毎日の診療、人材の確保、設備、診療機材の更新等に日夜努力を重ねております。
今後ともみなさまのご支援を賜りますようお願い申し上げます。

名誉院長  加藤榮一 



基本理念

1.地域に根ざし、住民から信頼され安心してかかれる病院

2.患者と家族本位の医療を提供する病院

3.職員が充分に能力を発揮できる病院

 

基本方針

☆質の維持

最新の医療水準を維持する努力を続けます。

☆安全対策

患者さんの安全を確保するため事故防止・安全対策に努めます。

☆経済性の向上

経済効率の良い医療を提供いたします。

☆病院サービス

患者さん・ご家族の方々と協力した医療、インフォームドコンセントに基づいた医療を提供できるよう病院サービスに努力いたします。医療に関することはどんなことでも医師や看護師等にお気軽にご相談下さい。

 
特定医療法人 博愛会 一関病院
〒021-0884 岩手県一関市大手町3-36
TEL:0191-23-2050 FAX:0191-21-3104
Copyright (C)2010 Ichinoseki Hospital All Rights Reserved.